Initiatives for Sustainability サステナビリティへの取り組み

ステークホルダーとの対話

ステークホルダーとの対話

「信頼される企業活動」を行い、社会に新しい価値を提供していくために、ステークホルダーのみなさまとの継続的で活発なコミュニケーション(ステークホルダーダイアログ)が不可欠であると考えています。
ステークホルダーのみなさまからの要請や期待、関心、評価などを理解して企業活動に反映させる仕組みづくりを進めています。
 

お客様


お客さま
経営課題の「分析」から「解決」に至るまでの一貫したサービスを提供しています。
お客様とのコミュニケーションを通して、お客様の立場に立ったシステムを提供し、お客様の満足と信頼の向上に努めています。

●主な対話の手段  

社員・家族


社員・家族
社員の多様性と個性を尊重し、社内のコミュニケーションを良くし、安全で社員が能力を充分に発揮できる職場環境を整え、さまざまな働き方を可能にすることにより、意欲の向上を図っています。
人財の育成に努め、能力と成果に応じた公平・公正な評価と人財の活用により、「働きがいのある会社」になることをめざしています。 
また社員を支える家族の理解と支援が得られるよう、社員の家族とのコミュニケーションの充実に努めています。

●主な対話の手段
  • グループイントラネット
  • ソーシャルネットワークサービス(Office365® Yammer Enterprise機能による、
    組織、職種の壁を越えた役職員同士の自由なコミュニケーションの場など)
  • 社内報(Webポータル)
  • 従業員モチベーション調査
  • 労使協議会
  • 座談会、情報交換会、コミュニティ(子育て、育児休職など)
  • ファミリーデー(夏休み子ども企画)
  • 社会貢献プログラム


Office 365は、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における商標または登録商標です。

  

株主・投資家


株主・投資家
株主・投資家のみなさまの理解と信頼を得るために、適時適切な情報を公平に開示し、積極的な対話に努め、透明性の高い経営をめざしています。

●主な対話の手段  

ビジネスパートナー


ビジネスパートナー
システム構築・サービス提供の際の協力会社様・調達お取引先を、ビジネスパートナーとして公平・公正な関係を築き、ともにサステナビリティを意識し、新しい価値創造・価値提供に努めています。

●主な対話の手段  

地域社会


地域社会
地域社会とのコミュニケーションを大切にした社会貢献活動を行っています。
また、NPO・NGOとは相互の得意分野を活かしたパートナーシップを築き、社会との共生に努めています。

●主な対話の手段
  • NGO/NPOと協業した社会貢献プログラムの実施
  • 地域イベントへの参加
  • チャリティーコンサート
  • 自治体・近隣企業との定期的な協議
  • 社会貢献クラブ「ユニハート」
 

地球環境


地球環境

「顧客・パートナーと共に社会を豊かにする価値を提供し、社会課題を解決する企業」として、環境に配慮した事業活動を継続的に推進します。

 



その他、社外有識者・学識経験者の皆さまから、経営者、役員・従業員との対談企画、インタビュー企画などを通じ、当社グループの活動に対してご意見をいただいています。
 

日本ユニシス株式会社, 日本ユニシス株式会社 財務部
サステナビリティへの取り組み
トップメッセージ
Response thumb message2018

トップメッセージ

  60年の歩みを振り返って 自らの存在意義を見つめ直す 日本ユニシスグループは、2018年3月に設立60周年を迎えました。...

サステナビリティへの取り組み
企業理念、企業行動憲章
Response thumb %e6%97%a5%e6%9c%ac%e3%83%a6%e3%83%8b%e3%82%b7%e3%82%b9%e3%82%b0%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%83%97%e3%81%aecsr

企業理念、企業行動憲章

日本ユニシスグループ 企業理念 すべての人たちとともに、人と環境にやさしい社会づくりに貢献します   社会の期待と要請に対する感...

サステナビリティへの取り組み
サステナビリティに対する考え方と推進体制
Response thumb %e6%97%a5%e6%9c%ac%e3%83%a6%e3%83%8b%e3%82%b7%e3%82%b9%e3%82%b0%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%83%97%e3%81%aecsr

サステナビリティに対する考え方と推進体制

サステナビリティに対する考え方 日本ユニシスグループは、持続可能な社会の実現が企業の持続的な成長のための基盤であると認識しており、企業理念を...

サステナビリティへの取り組み
マテリアリティ(CSR重要課題)
Response thumb %e6%97%a5%e6%9c%ac%e3%83%a6%e3%83%8b%e3%82%b7%e3%82%b9%e3%82%b0%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%83%97%e3%81%aecsr

マテリアリティ特定および見直しのプロセス

1. 検討すべき重要項目の把握・整理 企業理念、競合他社の取り組み、GRIガイドライン第4版、SRI機関の開示要請項目、および持続可能な開発目標...

サステナビリティへの取り組み
マテリアリティ(CSR重要課題)
Response thumb %e6%97%a5%e6%9c%ac%e3%83%a6%e3%83%8b%e3%82%b7%e3%82%b9%e3%82%b0%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%83%97%e3%81%aecsr

2017年度実績と今後の目標

  ビジネスエコシステムを通じた社会課題の解決 目指す姿 さまざまな業種・業態のパートナーと連携してビジネスエ...

サステナビリティへの取り組み
ステークホルダーとの対話
Response thumb %e6%97%a5%e6%9c%ac%e3%83%a6%e3%83%8b%e3%82%b7%e3%82%b9%e3%82%b0%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%83%97%e3%81%aecsr

ステークホルダーとの対話

「信頼される企業活動」を行い、社会に新しい価値を提供していくために、ステークホルダーのみなさまとの継続的で活発なコミュニケーション(ステークホルダーダ...

サステナビリティへの取り組み
事業活動を通じた社会課題の解決
Response thumb csv

事業活動を通じた社会課題の解決

⽇本ユニシスは2018年に設立60周年を迎えました。また、2018年度より開始した中期経営計画「Foresight in sight 2020」の最終...

サステナビリティへの取り組み
イニシアティブへの参画
Response thumb globalcompact

国連グローバル・コンパクト

日本ユニシスグループは、2014年3月、国際社会において持続可能な成長を実現するための世界的な取り組みである国連グローバル・コンパクト(以下 UNGC...

サステナビリティへの取り組み
イニシアティブへの参画
Response thumb sdgs

持続可能な開発目標(SDGs)

当社グループは、業種・業態の垣根を越えたさまざまな企業をつなぐビジネスエコシステムを創る中核となることで、社会課題を解決していくことを中期経営計画の課...

サステナビリティへの取り組み
外部団体への参加
Response thumb %e6%97%a5%e6%9c%ac%e3%83%a6%e3%83%8b%e3%82%b7%e3%82%b9%e3%82%b0%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%83%97%e3%81%aecsr

外部団体への参加

日本ユニシスは、わが国の産業経済およびデジタル社会の発展に寄与すべく、各種外部団体に加盟しています。 活動を通じ、共有すべき課題の把握や情報共有...

サステナビリティへの取り組み
社外からの評価
Response thumb %e6%97%a5%e6%9c%ac%e3%83%a6%e3%83%8b%e3%82%b7%e3%82%b9%e3%82%b0%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%83%97%e3%81%aecsr

社外からの評価

ステークホルダーのみなさまより頂いた評価を掲載しています。 年 月 評価内容 ...