Sustainability 日本ユニシスグループのサステナビリティ

マテリアリティ(サステナビリティ重要課題)

マテリアリティ(サステナビリティ重要課題)

日本ユニシスグループは、サステナブルな企業を目指し、2016年に「持続可能な社会の実現」と「当社グループの持続的成長サイクルの確立」の2つの側面から特に重点的に取り組むべき「マテリアリティ」を特定し、2017年度より目標を定めて推進しています。

日本ユニシス株式会社, 日本ユニシス株式会社 財務部, 日本ユニシス株式会社 法務部, 日本ユニシス株式会社 人事部, 日本ユニシス株式会社 購買マネジメント部, 日本ユニシス株式会社 品質マネジメント部, 日本ユニシス株式会社 業務部, 日本ユニシス株式会社 広報部, 日本ユニシス株式会社 組織開発部

マテリアリティの特定および見直しのプロセス

Theme thumb card 95 200

フローの図
日本ユニシス株式会社, 日本ユニシス株式会社 財務部, 日本ユニシス株式会社 法務部, 日本ユニシス株式会社 人事部, 日本ユニシス株式会社 購買マネジメント部, 日本ユニシス株式会社 品質マネジメント部, 日本ユニシス株式会社 業務部, 日本ユニシス株式会社 広報部, 日本ユニシス株式会社 組織開発部

2018年度実績と今後の目標

ビジネスエコシステムを通じた社会課題の解決

社会的価値17 パートナーシップで目標を達成しよう × 4つの注力領域:ネオバンク、デジタルアクセラレーション、スマートタウン、アセットガーディアン
一企業だけでは解決が難しい社会課題をビジネスエコシステムによるイノベーションや新たなサービスで解決していくことにより、新しい豊かな社会づくりに貢献します。
経済的価値
中長期的には、当社グループの収益の拡大などの側面に寄与するものです。中期経営計画においては、注力領域におけるビジネスの確立・拡大に取り組んでおり、注力領域の売上高拡大および収益性の向上につながります。
取り組み



ICTを活用したレジリエントな社会インフラの構築

社会的価値9 産業と技術革新の基盤をつくろう 11 住み続けられるまちづくりを 12 つくる責任つかう責任
信頼性・持続性のある社会インフラとしてのICTサービスを提供し、レジリエントで安心して生活できる社会の実現に貢献します。
経済的価値
中長期的には、「顧客や社会からの信頼獲得」を通じた当社グループの顧客基盤の維持・強化などの側面に寄与するものです。オンライン稼働率、情報セキュリティインシデント発生数などを指標にしています。
2018年度
取り組み指標、目標(目標達成年度)
2018年度
取り組み実績
2019年度
取り組み指標、目標(目標達成年度)
指標対象範囲
オンライン稼働率 99.990%以上(2018年度末) 99.992% 継続(2019年度末) グループ ※1
日本ユニシスが提供するデータセンター設備の障害対応訓練回数、各所拠点 1回以上/年(2018年度末) 各拠点1回 継続(2019年度末) 日本ユニシス単体
重大なセキュリティインシデント発生数、0件(2018年度末) 0件 継続(2019年度末) グループ ※2
全グループ社員対象の セキュリティeラーニング受講率、100%(2018年度末) 100% 継続(2019年度末) グループ ※2
取り組み


バリューチェーン全体で取り組む安心・安全な製品・サービスの持続的な提供

社会的価値12 つくる責任つかう責任 16 平和と公正をすべての人に 17 パートナーシップで目標を達成しよう
国内外の各種法令・社会規範を遵守し、バリューチェーン全体で安心・安全な製品・サービスの提供に取り組むとともに、人権への配慮や環境負荷低減など、持続可能な社会の実現に貢献します。
経済的価値
中長期的には、お客様・取引先との信頼構築および事業のリスク低減や優良なパートナー確保などの側面に寄与するものです。中期経営計画においては「顧客・パートナーとの関係性強化」に結びつくものとして、調達先に対する「日本ユニシスグループ購買取引行動指針」の理解度などを指標にしています。
2018年度
取り組み指標、目標(目標達成年度)
2018年度
取り組み実績
2019年度
取り組み指標、目標(目標達成年度)
指標対象範囲
全グループ社員対象のコンプライアンスeラーニング受講率、100%(2018年度末) 100% 継続(2019年度末) グループ ※2
全グループ社員対象のコンプライアンス意識調査回答率、85%以上(2018年度末) 93% 100%(2020年度末) グループ ※2
調達先(ハードウェア製品、ソフトウェア製品、サービス商品、システムサービス、SEサービス)に対する「日本ユニシスグループ購買取引行動指針」理解度、100%(2020年度末) 93.80% 継続(2020年度末) グループ ※1
取り組み


ダイバーシティの推進 / 健康経営の実践

社会的価値3 すべての人に健康と福祉を 5 ジェンダー平等を実現しよう 8 働きがいも経済成長も 10 人や国の不平等をなくそう
多様な人財の雇用と、誰もが健康で安心して働くことのできる社会の実現に貢献します。また、労働生産性の向上により、日本社会の労働力減少に対応します。
経済的価値
中長期的には、多様な人財が心身共に健康で活躍することにより、生産性向上やイノベーションの創出に寄与するものと考えます。また、エンゲージメントの向上や優秀な人財獲得などの側面に寄与するものです。中期経営計画においては「風土改革」に結びついており、女性管理職比率、障がい者雇用率、平均月間残業時間、有給休暇取得率などを指標にしています。
2018年度
取り組み指標、目標(目標達成年度)
2018年度
取り組み実績
2019年度
取り組み指標、目標(目標達成年度)
指標対象範囲
女性管理職比率、10%以上(2020年度末) 6.5% 継続(2020年度末) 日本ユニシス単体
障がい者雇用率、2.3%以上(2019年度末) 2.3% 継続(2019年度末) 日本ユニシス単体
有給休暇取得率、80%以上(2018年度末) 87.1% 継続(2019年度末) グループ ※2
残業時間ゼロの月を年間で1ヶ月以上達成した社員率、100%(2018年度末) 100.0% 継続(2019年度末) 日本ユニシス単体
高ストレス保有者数、2016年度対比で80%以内(2021年度末) 890名
(2016年度比93.8%)
継続(2021年度末) グループ ※2
取り組み
  • ※1日本ユニシス(株)およびユニアデックス(株)
  • ※2日本ユニシス(株)および日本ユニシス(株)出資比率100%の国内グループ会社
日本ユニシス株式会社, 日本ユニシス株式会社 財務部, 日本ユニシス株式会社 法務部, 日本ユニシス株式会社 人事部, 日本ユニシス株式会社 購買マネジメント部, 日本ユニシス株式会社 品質マネジメント部, 日本ユニシス株式会社 業務部, 日本ユニシス株式会社 広報部, 日本ユニシス株式会社 組織開発部
日本ユニシスグループのサステナビリティ
トップメッセージ
Response thumb card 91 193

トップメッセージ

日本ユニシスグループの存在意義 ビジネスエコシステムの創造で社会課題を解決する 日本ユニシスグループは、設立以来60年余にわた...

日本ユニシスグループのサステナビリティ
企業理念・企業行動憲章
Response thumb card 01 sustainability

企業理念・企業行動憲章

企業理念 わたしたちが 社会に果たすべきこと すべての人たちとともに、人と環境にやさしい社会づくりに貢献します わたしたち...

日本ユニシスグループのサステナビリティ
サステナビリティに対する考え方と推進体制
Response thumb card 93 195

サステナビリティに対する考え方

日本ユニシスグループは、持続可能な社会の実現が企業の持続的な成長のための基盤であると認識しており、企業理念を「すべての人たちとともに、人と環境にやさし...

日本ユニシスグループのサステナビリティ
サステナビリティに対する考え方と推進体制
Response thumb card 01 sustainability

推進体制

当社では、社会と環境のサステナビリティを巡る課題への取り組みは、ステークホルダーとの対話を通じて得られた当社に対する期待や要請を把握したうえで各組織に...

日本ユニシスグループのサステナビリティ
サステナビリティに対する考え方と推進体制
Response thumb card 01 sustainability

社内への浸透

当社グループでは、一人一人が社会の期待と要請に対する意識を高め、企業人として責任ある行動がとれるよう、グループ役職員を対象としたeラーニング「サステナ...

日本ユニシスグループのサステナビリティ
イニシアティブへの参画
Response thumb card 01 sustainability

イニシアティブへの参画

日本ユニシスグループが連携するお客様やビジネスパートナー、またビジネスを行う地域は、グローバルに拡大しています。当社グループは、サステナビリティに関す...

日本ユニシスグループのサステナビリティ
イニシアティブへの参画
Response thumb card 94 198

国連グローバル・コンパクト

当社グループは、2014年3月、国際社会において持続可能な成長を実現するための世界的な取り組みである国連グローバル・コンパクト(以下 UNGC)に署名...

日本ユニシスグループのサステナビリティ
イニシアティブへの参画
Response thumb card 94 199

持続可能な開発目標(SDGs)

当社グループは、存在意義である「顧客・パートナーと共に社会課題を解決する企業」として、業種・業態の垣根を越えたさまざまな企業をつなぐビジネスエコシステ...

日本ユニシスグループのサステナビリティ
マテリアリティ(サステナビリティ重要課題)
Response thumb card 01 sustainability

マテリアリティ(サステナビリティ重要課題)

日本ユニシスグループは、サステナブルな企業を目指し、2016年に「持続可能な社会の実現」と「当社グループの持続的成長サイクルの確立」の2つの側面から特...

日本ユニシスグループのサステナビリティ
マテリアリティ(サステナビリティ重要課題)
Response thumb card 95 200

マテリアリティの特定および見直しのプロセス

日本ユニシスグループのサステナビリティ
マテリアリティ(サステナビリティ重要課題)
Response thumb card 01 sustainability

2018年度実績と今後の目標

ビジネスエコシステムを通じた社会課題の解決 社会的価値 ×  一企業だけでは解決が難しい社会課題をビジネスエコシステムによるイノベーシ...

日本ユニシスグループのサステナビリティ
ステークホルダーとの対話
Response thumb card 01 sustainability

ステークホルダーとの対話

「顧客・パートナーと共に社会課題を解決する企業」として、日本ユニシスグループがお客様や社会から信頼され、なくてはならない企業であり続けるためには、ステ...

日本ユニシスグループのサステナビリティ
事業活動を通じた社会課題の解決
Response thumb card 97 203

日本ユニシスグループの存在意義

当社グループは、自らの存在意義を「顧客・パートナーと共に社会を豊かにする価値を提供し、社会課題を解決する企業」と定義しています。 2018年度よりス...

日本ユニシスグループのサステナビリティ
事業活動を通じた社会課題の解決
Response thumb card 97 204

注力領域を軸とした事業活動の推進による社会課題解決

中期経営計画では、社会課題の解決が期待され、中⻑期的成⻑が⾒込まれる市場において、顧客・パートナーと共に当社グループのアセットが活⽤できる領域を注⼒領...

日本ユニシスグループのサステナビリティ
外部団体への参加
Response thumb card 01 sustainability

外部団体への参加

日本ユニシスは、わが国の産業経済およびデジタル社会の発展に寄与すべく、各種外部団体に加盟しています。 活動を通じ、共有すべき課題の把握や情報共有に努...

日本ユニシスグループのサステナビリティ
外部からの評価
Response thumb card 01 sustainability

外部からの評価

当社グループは、環境・社会・ガバナンスの視点を考慮した企業活動を基本に、社会課題を解決するサービスの提供により広く顧客・社会の価値を創造していくことで...

日本ユニシスグループのサステナビリティ
サステナビリティ情報開示
Response thumb card 01 sustainability

サステナビリティ情報開示について

サステナビリティ情報開示のツール サステナビリティに関する情報開示は、Webサイトにて行っています。 またWebサイトにて開示した内容を「サス...